スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLYING DISC

PATAGONIA FLYING DISK

PATAGONIA FLYING DISC


「やっぱりそれはとびきりの贅沢。」

若かりしころ
お金が無かった僕達の夏の夜遊びと言えば

ビリヤードとコンビニ飯と
そしてフライングディスクでした。

夜中でも照明がついている
ひと気のない駅前のバスのロータリーで

僕達は飽きもせず、汗をダラダラかきながら
傷だらけのフリスビー社の黄色いディスクを
投げ合っていたモンです。(^^)

その時使っていたディスクが
あまりにもボロボロになってきたので

2代目として買っておいたのが
このパタゴニアのディスクです。

と言いながらも
各々の社会人生活が次第に忙しくなっていくに連れ

そんな風にただ集まっては
ダラダラと夜を過ごすような機会も無くなってしまい

結局コイツが夜中のバスのロータリーに
デビューすることはありませんでしたが

いつかまたこのディスクと共に
あのチープでエンドレスで、それでいてとびきり贅沢な
“夜遊び”をしたいなーなんて、思ったりします。(^^)

MADE IN USA

スポンサーサイト

CANVAS TOTE

PATAGONIA ORGANIC COTTON CANVAS BAG

PATAGONIA ORGANIC COTTON CANVAS BAG


「ナツ・オフ・トート。」

ご存知オーガニックコットンで作られた
パタゴニアのエコトートバッグ。

基本的に肩掛けのトートバッグは好みじゃないので
普段はほとんど手を出さない僕ですが

このヘニャヘニャキャンバス地のトートには
やっぱり肩掛けスタイルの方が合ってる気がします。(^^)

学生の頃、通学カバンにと購入して以来
気に入ったプリントのものを無計画に買い足してった結果
いつの間にか7〜8枚まで増えてしまって。

残念ながら慌ただしい社会人生活を過ごすうちに
このトート使う機会もあまり無くなってしまいましたが

夏が似合うこのトート、これからは
遊び道具を突っ込んで夏のオフのお供に出来たらいいかな。(^^)

MADE IN USA

DOUBLETOP SWEAT

DOUBLETOP SWEATSHIRT

PATAGONIA DOUBLETOP SWEATSHIRT (PebbleHeather/S/2004)


「“ヒョイ着”パーカ。」

一見よくあるスウェットパーカのように見える
パタゴニアのダブルトップ・スウェットシャツは

その見た目とはうらはらに
軽くて暖かく防風性も高いハイテクフーディ。

全然ハイテク臭を感じさせないそのルックスは

アウターとして、インナーとして
幅広い街着スタイルにすんなりハマってくれます。

こういう「利便性」と「ヒョイっと着れる気軽さ」が
いいバランスで両立しているというのは案外重要なことで

思い立ったらスグ散歩に出掛けてしまう僕にとって
とてもありがたい仕様だったりします。

また、厚手のスウェットってなかなか乾かないので
洗濯も億劫になりがちですけど

コイツは速乾性が高く
そこら辺の煩わしさがないのもとても良いところかと。

ハードシェルやレトロパイルなどと違い
カタログの片隅に埋もれそうな地味な存在なだけに

発売当時もとくに話題になってない気がするし
現在リリースされてるかどうかも分かりませんが

僕のデイリーライフに欠かすことの出来ない
パタゴニアの隠れ名品の一つかなって思ってます。(^^)

MADE IN COSTA RICA

STORM JACKET

PATAGONIA STORM JACKET

PATAGONIA STORM JACKET (Stone/S/2001)


「完成されたスタンダード。」

80年代にリリースされ
今もラインナップにその名を残すストームジャケットは
パタゴニアのハードシェルを代表する名器。

フード&ボディ一体型のシンプルな作りは
スタンダードという意味合いにおいて、完成型と言っても
いいと思います。

と言いつつもストームジャケットは
2002年以降、仕様やデザインが変わってしまったので

この2001年モデルを最後に
僕が好きなストームらしさは失われてしまうんですけど。

さて、この時代のストームジャケットは
なんといっても素材が厚手&硬めなのがいい。

ハードシェルを街着として見る場合

フロントジップを上まで閉めた際に、襟とフードが
どれだけしっかり立つかがキモだったりするわけですが

この時代のストームは
その辺りもシャキっとしてとても具合が良いんです。

ただ、身丈などは今と比べて長く
やっぱりオールドスタイル感漂っちゃってるのは
否めないんですけど。(^^;

まあそれでも僕は
やっぱり当時のスタイルがシックリくるもので

最近の生地薄め&丈短めの
優秀そうなハードシェル群を横目に見ながら

襟とフードをゴリっと立て
颯爽と冬の街を歩いているのです。(^^)

MADE IN CHINA

CLASSIC RETRO CARDIGAN

PATAGONIA CLASSIC RETRO CARDIGAN

PATAGONIA CLASSIC RETRO CARDIGAN (Tequila Gold/M/2001)


「似て非なるレトロ。」

2000年以降に
復刻(?)されたクラッシックレトロカーディガン

リリース当初、オリジナルカラーであるナチュラルを
何度か試着してみたものの

着用感がどうもしっくり来ないことから
購入を見送っていたのですが

後に、ロゴのタグが
ジップリボンからパイル地直縫いパッチに変更になり
それはそれで良いかもと思っちゃったり

レトロカーディガンには無かったこのテキーラゴールドが
新鮮且つ当時の気分に刺さっちゃったり

パタゴニアの中では絶滅しかけていたメイドインUSAだったり
したことがポイントとなり

ついに根負けして
今は無き渋谷ラブラドールで衝動買いしてしまったのでした。

が、しかし。。

実際に着てみるとこのクラッシックレトロカーディガンは
ベースとなる80年代のレトロカーディガンとは似て非なるもの
であることがよく分かります。

まず寒い!

メッシュ素材の上にパイルを貼ったような構造になってるため
風通しがハンパない。

強めの風にさらされると
まるで着てないかの如く風を感じることができます。(泣)

見た目がかなり暖かそうなだけに
このギャップはかなり衝撃的でした。。

そしてタルタル!

レトロカーディガンと比べると一目瞭然
身丈に対して身幅がありすぎるうえ、腕回りがタルタルすぎる!

なんか80年代のダメなスエットを彷彿させます。

モコモコしたパイルジャケットは
そもそもスッキリみえないだけに、これはツラい。。

うーん。。なんでこうなっちゃったんだろうなー。。

まあそれでもやっぱり
このクマっぽさ全開のルックスにはやられまくりなので

なんだかんだで結構愛用してたりするんですけど。(^^;

MADE IN USA

プロフィール

MG8921

Author:MG8921
ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーンなどを中心に、服やモノをノロノロと紹介していきます。(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。