スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLYING DISC

PATAGONIA FLYING DISK

PATAGONIA FLYING DISC


「やっぱりそれはとびきりの贅沢。」

若かりしころ
お金が無かった僕達の夏の夜遊びと言えば

ビリヤードとコンビニ飯と
そしてフライングディスクでした。

夜中でも照明がついている
ひと気のない駅前のバスのロータリーで

僕達は飽きもせず、汗をダラダラかきながら
傷だらけのフリスビー社の黄色いディスクを
投げ合っていたモンです。(^^)

その時使っていたディスクが
あまりにもボロボロになってきたので

2代目として買っておいたのが
このパタゴニアのディスクです。

と言いながらも
各々の社会人生活が次第に忙しくなっていくに連れ

そんな風にただ集まっては
ダラダラと夜を過ごすような機会も無くなってしまい

結局コイツが夜中のバスのロータリーに
デビューすることはありませんでしたが

いつかまたこのディスクと共に
あのチープでエンドレスで、それでいてとびきり贅沢な
“夜遊び”をしたいなーなんて、思ったりします。(^^)

MADE IN USA

スポンサーサイト

DOUBLETOP SWEAT

DOUBLETOP SWEATSHIRT

PATAGONIA DOUBLETOP SWEATSHIRT (PebbleHeather/S/2004)


「“ヒョイ着”パーカ。」

一見よくあるスウェットパーカのように見える
パタゴニアのダブルトップ・スウェットシャツは

その見た目とはうらはらに
軽くて暖かく防風性も高いハイテクフーディ。

全然ハイテク臭を感じさせないそのルックスは

アウターとして、インナーとして
幅広い街着スタイルにすんなりハマってくれます。

こういう「利便性」と「ヒョイっと着れる気軽さ」が
いいバランスで両立しているというのは案外重要なことで

思い立ったらスグ散歩に出掛けてしまう僕にとって
とてもありがたい仕様だったりします。

また、厚手のスウェットってなかなか乾かないので
洗濯も億劫になりがちですけど

コイツは速乾性が高く
そこら辺の煩わしさがないのもとても良いところかと。

ハードシェルやレトロパイルなどと違い
カタログの片隅に埋もれそうな地味な存在なだけに

発売当時もとくに話題になってない気がするし
現在リリースされてるかどうかも分かりませんが

僕のデイリーライフに欠かすことの出来ない
パタゴニアの隠れ名品の一つかなって思ってます。(^^)

MADE IN COSTA RICA

OLD CATALOG

PATAGONIA CATALOGS

PATAGONIA CATALOG (1991 FALL/WINTER~)


「カタログ妄想ライフ。」

僕が始めて手にしたパタゴニアのアイテムは

シンチラでもハードシェルでもなく
雪景色の表紙が印象的な1991年秋冬版のカタログでした。

1991年、初めて入った目白の直営店には
なぜかガイジンの店員しか居らず

ひとり結構なアウェイ感をおぼえながら
カタログだけ貰ってきたのをよく憶えています。(^^;

スペシャルなブランドの美しいカタログ。

そこに紹介されていたパタゴニア製品達も
モチロン隅々までチェックしていましたが

なにより僕は
そこに掲載している写真に魅了されていました。

それは
クライミングやフィッシングなどの本気ショットだけでなく

親子の日常、職人の作業場、バックパッカーの旅の風景など
飾らないアメリカンライフの空気が伝わってくるような写真も
沢山掲載されており

僕は、これらの“パタゴニアのある風景”を眺めながら
そのライフスタイルに自分を映す妄想に浸っていたものです。(^^)

以来10年近くの間もらい続けたカタログ達も今では

繰り返し繰り返し眺めていたせいで
折れ曲がっていたり、ページが外れかかっていたり

自分の部屋の壁やノートに貼るために
特に気に入った写真を切り取ってしまっていたりと

カタログとは思えないほど
ボロボロだし年季が入ってしまっていますが

いまでも
眺めるとワクワクする僕の大切な宝物の一つなんです。(^^)

PRINTED IN USA

プロフィール

MG8921

Author:MG8921
ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーンなどを中心に、服やモノをノロノロと紹介していきます。(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。