スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BEAN BOOT

L.L.Bean BEAN BOOT

L.L.Bean BEAN BOOT (10E)


「どしゃぶりだってマァいいじゃん!」

悪天候の強い味方
エルエルビーンのビーンブーツ。

このブーツ

通気性に優れてるわけでもなく
完全防水とかでもないんですが

見ての通り
くるぶしのところまで完全にゴム長なだけに

大雨や大雪の日でも
足元を気にせず歩くことができます。

多少の水溜りだってヘッチャラなので

子供の頃、長靴を履きわざわざ水溜りを選んで歩いた
あのテンションが甦ってきたりも。(^^)

そういう意味では

雨が上がっちゃったりすると
逆にビーンブーツの活躍の場が失われた気がして

「えーなんで止んじゃうのー?」と思っちゃうくらい。
(それは言いすぎか。笑)

それに

近年のハイテク防水ブーツにはない
アヒルのくちばしにも似た(?)愛嬌のある面持ちが

トラッドなスタイルに
意外とマッチしてくれるってことも

ビーンブーツの魅力のひとつ。

そんな事もあって
このビーンブーツを履いていると

気が滅入りがちな雨模様の日も
「マァいいじゃん!」って気になれるんです。(^^)

ちなみに

ビーンブーツというヤツは

フィット感や履き心地を
ソックスで調整するシステムになっているので(笑)

サイジングの際はその辺の考慮も必要です。

僕はRW-8271を履く時と同じ
エルエルビーンの極厚ウールソックスを履きますが

その甲斐あってか

特にガパガパすることもなく
わりと普通のブーツと変わらない感じで履けています。

あと
よく「街履きすると滑る」との意見がありますけど

個人的には
他の靴より際立って滑りやすいという感じはないです。

強いて言うならコンバースオールスターくらいの
グリップ力って感じかな。

MADE IN USA

スポンサーサイト

OX BD SHIRT (White)

Polo Ralph Lauren OXFORD BD SHIRT WHT

Polo Ralph Lauren OXFORD BD SHIRT (White×MultiPony/Boys170)


「原点であり、究極の一枚。」

あまりにも有名な
ブランドの顔とも言えるオックスフォードのBDシャツ。

中でもこのホワイトオックスフォードは
これまでも、たぶんこれからも僕にとっての究極の一枚です。

写真のシャツは

まだカスタムフィットの存在を知らなかった頃に買った2代目。
(購入当時はカスタムフィット自体無かったかもですが)

メンズのレギュラーフィットよりも身丈が短めな
ボーイズ(170)サイズを

リフォーム屋さんで
細身にリサイズしたものになります。

僕が高校生の頃
白シャツ=ポロラルフローレンは不動の方程式で。

白シャツといえば
アメ横で3800円のビックマックのワークシャツを買うのが
精一杯だった当時の僕にとって

当時1万円以上したこのポロのオックスフォードシャツは
手の届かない、憧れの存在でした。

あれから随分時が経ち

一時期のブレイクと共に
そこかしこで買えるようになってしまったことで

高級シャツというイメージは薄れ
シーンから忘れられた存在となっていた時期もありましたが

僕にとって“ポロの白シャツ”は

いつの時代も理屈抜きで変わらない
憧れのキング・オブ・白シャツなんです。(^^)

MADE IN SINGAPORE

FIELD WATCH

L.L.Bean MINERAL CRYSTAL FIELD WATCH

L.L.Bean MINERAL CRYSTAL FIELD WATCH


「オールドモノは出会いが肝心!!」

80年代~90年代のエルエルビーンの隠れた(?)名作
米ハミルトン社製のフィールドウオッチ。

本来は時計と一緒に
グリーンとタンのナイロンベルトがセットされていますが

僕の場合は、同幅のレジメンタルストライプのベルトを
服に合わせてとっかえひっかえしながら使っています。(^^)

代官山のとある古着屋でこの時計を見かけたときは

それまでなかなか現物を見る機会がなかったこともあり
押さえきれないハイテンションで軽く挙動不審だったかも。(^^;

オールドモノは出会いが肝心!!と
いきおいまかせにイっちゃうところでしたが

逸る心を抑えつつ、一応手に取って見てみると
針の動きがなんかオカシイ気が。。

スタッフさんからは
「バッテリー残が少ないせいだとは思うけどなんとも言えない」
という、不安を隠しきれない見解が返ってくるし。。

とはいえ
制動が確認できないことに加え、セール時期だったことも相まって
最終的に計8,000円も値引きしてくれるとのことだったので

ダメもとで勝負!ということで
思い切って購入に踏み切りました。

余談ですが。。

今はネットを駆使すれば
どんなレアものでもわりと手に入ります。

もちろん僕も利用しますが
ネットで探しものを手に入れても

足と運を使って見つけた時の「やったー!」っていう
感じにはならないんですよね。。

“便利”は、苦労も軽減してくれますが
その分喜びも痩せてしまのかもしれませんね。

さて。

ずっと探し求めていたものが手に入った
興奮さめやらぬうちに

東急ハンズの時計工房に持ち込み
制動の具合を確認してもらうと

どうも短針と長針が若干あたっちゃっているので
針の交換あるいは修理が必要との回答が。。

オリジナルの針を交換するのは嫌だったので
なんとか交換無しでの調整をお願いしたところ

ハンズ時計工房の匠の技によって無事復活!
と、それは良かったのですが。。

結局修理代として
値引き分と同額の8,000円掛かっちゃいましたとさ。(^^;

まあ、以来元気に動いてくれているので
全然問題ないんですけどね。(^^)

MADE IN USA

WINDBREAKER

Polo Ralph Lauren COTTON WINDBREAKER

Polo Ralph Lauren COTTON WINDBREAKER (S/Tricolore)


「ポロシャツ専用アウター。」

暑がり&ポロシャツ好きの僕は

陽気次第では5月あたりから
もうポロシャツ通勤に突入し始めたりするのですが

やっぱり
5月くらいだと夜は半袖じゃまだ寒い訳で。。

そんな時に
迷ってしまうのが、ポロシャツの上に羽織るもの。

ジャケットってのもアリなんでしょうけども

個人的にはポロシャツにジャケットって
なんか違和感あるんですよね。。

という訳で

ポロシャツに合う薄手アウターを考えた結果
たどり着いたのがいわゆるスイングトップ。

ショート丈&コットンの軽やかなイメージが
スポーティなポロシャツにジャストマッチ!

小さめのエリも好みだし
ごわごわした厚手コットンの質感も良い感じだし。

短パンにも合うので、オンオフ問わないところも
かなり優秀なんじゃないかと。

そんな褒めっぱなしの
コットンスイングトップのなかでも

スポーティな印象際立つこのトリコロールは
お気に入りの一枚。

Sサイズは滅多に出会わないので
見つけたときは迷わず即買いでした。(^^)

モチロン、この時代の単色ものなんかも
狙っていきたいところなんですが

同形良色で程度の良いSサイズって
なにげになかなか出会わなかったりするので。。

まあ、手間ひまかけるのは慣れっこなので
いつも通り、のんびり探索していこうと思います。(^^)

MADE IN USA

COLOR DENIM PANT

Polo Ralph Lauren COLOR DENIM PANTS

Polo Ralph Lauren COLOR DENIM PANT (Yellow/Red/Green/Boys170)


「履くだけでワクワクする、魔法のパンツ。」

春夏のコーディネートを楽しくさせてくれる
カラージーンズ。

例えば
無地のネイビーのTシャツなどに合わせるだけで

全体がたちまちラルフローレンっぽくなる
魔法のアイテムです。

最初はイエローだけのつもりだったのに

履いた時のワクワク感が癖になり
結局続けてグリーン、レッドも入手してしまいました。

MENSはスリムフィットになっていて違和感があったので
僕はストレートフィットのBOYSのものを履いています。

もちろん会社にも履いていきますよ。(笑)

始めは周りも
「派手だねー!」なんて言ってくれてましたが

グリーン、レッドと立て続けで履いていくうちに
なにも言われなくなりました。(笑)

以前ラルフローレンの店内で
緑のカラーデニムにパッチワークジャケットを着た
オジサン(60歳くらい?)を見かけたのですが

それがとにかくカッコよくて。

今はまだあの味は出せませんが
僕もあんなオッサンになりたいなーと思います。(笑)

MADE IN CHINA

BOAT&TOTE (S/W×R)

L.L.Bean BOAT&TOTE BAG (S/WhitexRed)

L.L.Bean BOAT&TOTE BAG (S/White×Red)


「鬼門の赤。」

80年代くらいまでの染色技術が
どうも信用ならんことは

以前ポロウエスタンのウールシャツを紹介した時に
お伝えしましたが。

エルエルビーンのトートバッグも
同じことが言えそうです。

このトート
タグがハンドル内側に横付けされていることから
80年代前半のものと思われますが

水洗いするといまだにハンドルの赤が色落ちし
生成りのボディに移ります。

ブルー(ネイビー)は
同年代のものでもダイジョブみたいなんですけどねー。

やっぱり80年代の赤は鬼門なんでしょうか。。

それでも

この狭いハンドル幅や
サイド底部分のタマネギ型のステッチが可愛くて

クタクタになった今でも
ガンガン愛用していますけどね。(^^)

余談。

日常生活では
自分からブツネタを話すことはあまりない僕ですが

先日、この赤のトートを持っていたときに
「エルエルビーンのトート良いよねー!」
と珍しくネタをふられまして。

嬉しくなった僕は

「だよね!特にこの年代のものはセルビッチがあって。。」
「このタマネギ型のステッチが萌える。。」
「現行品もいいけど、ハンドル幅が広いのが。。」

なんてことを矢継ぎ早に話したら、
答えに窮した相手に苦笑されました。(^^;

MADE IN USA

プロフィール

MG8921

Author:MG8921
ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーンなどを中心に、服やモノをノロノロと紹介していきます。(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。