スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MISSION PACK

GREGORY MISSION PACK

GREGORY MISSION PACK (Black)


「オールドスタイルについての雑感。」

グレゴリーのミッションパックは

大きさといい使い勝手といい
数あるグレゴリーのモデルの中でも
名作の部類に属すると思いますが

ナイロンワイヤーの入ったトリム部分が
擦り切れやすいという弱点が。。

僕のミッションパックも
ヘビーユースしていたせいもあって

案の定ワイヤーがむき出しになってしまい
一時期引退に追い込まれていましたが

近年ダメもとで
修理をお願いしたところ

補修箇所がほとんど分からないくらい
キレイに修理されて戻ってきました。うん満足。(^^)

雑感ですが。。

気に入ったモノは長く使いたい。

そして、メーカー側からも
長く使って欲しいという愛情を感じたい。

もし、テクノロジーの向上が
リペア職人による修理可能範囲を狭め

単に「壊れたら新品と交換」というような
ドライなコミュニケーションを増長させるのなら

やっぱり僕はオールドスタイルのままでいいや
なんて思ったりするのです。

MADE IN USA

スポンサーサイト

COTTON PILLOW

POLO SPORT COTTON PILLOW

POLO SPORT COTTON PILLOW (Stars&Stripes)


「ビバ!スポーティ!」

あまり見かけない気がする
ポロスポーツのクッション。

これでもかって言う位のデカロゴに
星条旗の組み合わせは

まさにポロスポーツ!って感じですよね。

そのあまりのインパクトに
他のクッションとの相性とか全然気にせず
即買いしてしまった次第です。(^^;

まあ、以前に星条旗柄のコットンニットクッション
紹介した際にも触れましたが

ウチのクッション達は

そもそも素材もテイストも全然違う
統一感のかけらもない個性派集団なので

アクの強いこのクッションを混ぜてみたところで
いまさら特に浮いた感じもないんですけど。(^^;

しかしこのクッション

ポロスポーツなだけに、見ての通り
なんとなくスポーティな印象を受けたりもするのですが

スポーティなクッションがあるコレクションって
一体どんな部屋をイメージしてたんだろう?

なんて、ちょっと思ったりしつつ。。(^^;

けど、僕はこういう
良く分からないけどハイテンションでヤル気満々のデザインが

大好きだったりするのです。(^^)

MADE IN USA

HENLEY NECK

Double RL VINTAGE HENLEY NECK TEE

Double RL VINTAGE HENLEY NECK TEE (Navy/XS)


「わかってるヘンリー。」

ヘンリーネックは万能選手。

1枚でもいい感じなのはモチロンのこと
デニムシャツなどの重ね着にもバッチリハマります。

ただ、肩幅がなく首が長い僕にとって
ヘンリーネックって結構難易度が高い。

胸周りだけでなく、袖もウエストもジャストじゃないと
むしろ貧弱に見えてしまうので

普通のクルーネック以上に
サイズに気を使わないといかん!と思っている訳です。

ヘンリーネックの定番と言えばヘルスニットですが

いかんせん、身幅と身丈のバランスが悪く
少なくとも僕の体型にはどうにもしっくりこないんですよね。

その点このRRLのヘンリーは良い!です。

細身の割に身丈もちゃんと確保されているし
リブになった袖は僕のような細い腕でもバシッとフィット。

定番のアイテムだからこそ
こういう細かいところがしっくりくるとホントに嬉しい。

ラルフ、君はさすがだ!僕の好みが良く分かってるよ!

と、オマエなんか知らねーよというツッコミも気にせず
友達口調で言ってあげたい衝動に駆られる

一品なのです。(^^)

MADE IN CHINA

ZURICH

BIRKENSTOCK ZURICH

BIRKENSTOCK ZURICH (42 Normal Taupe)


「マイ・ファースト・ビルケンシュトック。」

今でこそ
多様なカラーやマテリアルのモデルが店頭に並び

ポップなオシャレサンダルとして
男女問わず受け入れられているビルケンシュトックですが

1990年代の渋谷では
まだ“ドイツ生まれの健康サンダル”のイメージが強く

西海岸のヒッピーの皆さまご用達という伝説も相まって
ストイックで香ばしい存在でした。

直営店もなく、情報量も少なかった当時
モデル自体もそこまで多様に出回っていた訳ではなく

ゴリゴリのアメカジ派ボーイ達に与えられていた選択肢は

アリゾナ、ボストン、そしてこのチューリッヒくらい
だったような気がします。

チューリッヒは
僕が初めて買ったビルケンシュトック。

甲をすっぽり覆う幅広のダブル・ストラップは

歩きやすいだけじゃなく
裸足でもソックスを合わせてもグッドバランス!

夏でも秋冬でもいけるその汎用性の高さは

数あるビルケンシュトックサンダルの中でも
ピカイチかと。

履き始めから10数年が経ち
随分と年季が入ってしまいましたが

チューリッヒは
今も変わらず最も好きなモデルの一つです。

もしあの時
今のように多くの情報や選択肢があったとしても

きっと僕は、マイ・ファースト・ビルケンシュトックに
このトープのチューリッヒを選んでたんじゃないかな。(^^)

MADE IN GERMANY

TANK-TOP

Double RL RIB TANK

Double RL RIB TANK (Indigo/XS)


「タンクトップ・オア・ダイ!」

とにかく金が無かった20代前半までの
夏の定番トップスと言えば

なんといってもミラーのタンクトップ。

当時ミラーのタンクトップは
今のようにどこにでも売ってる感じではなかったので

毎年夏になると
僕は代官山ハイスタンダードで白の3枚パックを買い

夏の間、ほとんどの日を
それを着て過ごしていました。

30代になった今でも
僕はよくタンクトップを着ています。

大人がタンクトップで出歩くなんて
あり得ないと言う人もいるかもしれないですが

タンクトップは大人が着てこそ
真価が問われる気がします。

タンクトップは基本的に
着ていてプラスに見られることが少ないウエア。

アホ面で着れば品がなく映るし
だらしない身体なら見苦しいだけだし。

でも、だからこそ

ちょっとでもスマートに見えるように
ココロもカラダも日々精進できたらいいなと。

インディゴの風合いが良い感じの
このRRLのタンクトップは

バシッとカラダにフィットするリブタイプなので
そんな人間力がモロに試される一品。(笑)

まあ、実際のところ

別に知的でもマッチョでもなく
あくまで意気込みだけ一人前な僕ですが

願わくば、このままタンクトップを着続けて

幾つになってもタンクトップが似合う
イギーポップのようなジイさんになれたら

最高かな。(^^)

MADE IN CHINA

プロフィール

MG8921

Author:MG8921
ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーンなどを中心に、服やモノをノロノロと紹介していきます。(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。