スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RW-8167

REDWING RW-8167

REDWING RW-8167 (10E)


「お約束の形式美。」

考えてみると。

渋カジ~アメカジ全盛時代の90年代は

ファッションのムーブメントが
今よりもずっと強い影響力を持っていた気がします。

「ミディアムヘア以上ならツーブロック」
「ショルダーバッグの上からジャケット」
「バッシューのアッパーは白より黒orカラー」
「ダッフルバッグはストラップ最短&斜め掛け」
(一部ローカルルール含む?)

などなど

アイテムからスタイルまで
無数に及ぶ“正解ルール”が存在し

(少なくとも)僕やその周囲の人間は
疑うこともなくそれを遵守していたように思います。

「ベロア(ラフアウトレザー)のセッターには皮ひも」
これもそんな鉄壁ルールの一つ。

流されやすい僕も

やっぱりこのRW-8167購入後スグに皮ひもに換え
10数年経ったいまも結局そのスタイルのまま。(笑)

まあ、冷静に考えれば

ただ自分がムーブメントの渦中にいたから
みんなが同じ方向を向いていたような気がするだけのこと
なのかもしれないですが

それでも

流行とはちょっと違う“お約束”という名の共有意識には
独特の居心地の良さと美学があり

一度刷り込まれるとなかなか抜け出すことが出来ず
僕の中で今も強烈な存在感を放っていたりするのです。

そんなわけで
今でも街で皮ひもをいれたセッターを見かけると

「だよねー!」なんて
ちょっと嬉しくなる自分がいます。(^^)

MADE IN USA


続きを読む

スポンサーサイト

MUG & ASHTRAY

FIREKING HEAVY MUG & ASHTRAY

FIREKING HEAVY MUG & ASHTRAY (Jadite)


「シガレッツ・アンド・コーヒー。」

天気の良い週末

干したばかりの洗濯物を眺めながらの
タバコ&コーヒータイム。

“タバコと酒こそ全てだぜ”
と歌うオアシスに耳を傾けつつ

そういう意味では、自分はタバコとコーヒーかなー。。

あ、でも週刊少年ジャンプも捨てがたい。。
いやいや、本が無くなっても困るぞ。。

“オール・アイ・ニード・アー
シガレッツ&コーヒー&ジャンプ&ブックス”
じゃさまにならないなー。。

なんて
どうでもよいことを考えてたりする訳ですが。(^^;

僕は

ファイヤーキングの食器たちと過ごす
そんなユルいひとときが

結構気に入っていたりするのです。(^^)

MADE IN USA

COTTON 3B JACKET

Polo Ralph Lauren COTTON 3B JACKET

Polo Ralph Lauren COTTON 3B JACKET (S)


「オトナならギャップで勝負。」

ラルフローレンお得意の
アップリケワークが施されたジャケット。

アップリケのみならず
ジャケット本体も軽くダメージ加工されていたり
ウラボタンも一つ一つ違っていたりと、かなり凝った作り。

それでいて
細身の3つボタンというところがまた。。

色んな意味で
ツボにささりまくりのジャケットです。

ちなみに
言うまでもないことかもしれないですが。。

アップリケとかダメージ加工って
そもそもは生活臭漂う庶民のライフスタイルが
ベースになってるんですよね。

だって、アップリケは
着古して穴が開いた衣服を着続けるための処置だし

ダメージってのは
単純に着古しても着てる状態なわけで。

そういう発想をファッションに持ち込む場合

お金持ちが高級なモノと合わせるからこそ
シャレの利いたドレスダウンが成立するんじゃないのか?

ってことは

僕のように純度100%の庶民が着ると
グルッと1周して単に貧乏そうってだけになるんじゃ。。

なんて考えると、軽くヘコみますが。(^^;

まあ、この手のユーズド加工系のウエアは

そのインパクトに振り回されることなく
きっちりとギャップを演出できるようになって初めて

大人の着こなしと言えるんでしょうね!

MADE IN CHINA

B4 LINER

BRIEFING B4 LINER

BRIEFING B4LINER (Khaki)


「都市型社会人と戦場とポルテ。」

そりゃ良いと思いますよ?!
フェリージとかナントカ&ボブとかのブリーフケースは。

シュッとしてて
持ってるだけでデキる社会人って感じがするし。
なんかモテそうだし。

けども。

考えてみると、都市生活において
カバンに降りかかるストレスは並じゃない訳ですよ。

満員電車でこれでもかってほど潰されたり
移動中突然雨が降りだしたり。

牛丼屋や飲み屋の床に置かなきゃいかん時もあるし
イベント現場先などでは大概ぞんざいに扱われるし。。

そんな時に
いちいちハラハラしてたらコッチの身が持たない。

都市型社会人生活だって戦争なんだよ!
ハンパな装備じゃつとまらんのだ!

と、いうことで

僕はモテを捨て
ヘヴィデューティーな社会人バッグの代表格である

このブリーフィングのB4ライナーを
鼻息荒く持ち歩いているのです。

さてこのB4ライナー

タフな概観とは裏腹に
意外とコンサバなジャケットスタイルにも合います。

また、多様なコンパートメントが配置され
細かいものもしっかりと格納できるところもナイス。

モチロン、ちょっとやそっとじゃヘコたれない
バリスティックナイロンの安心感も抜群です。

そういう意味で

ブリーフ(書類)を入れるビジネスバッグとしての機能は
申し分ないのですが

実は一つ不満というかお願いが。。

30代社会人だって
外打合せ帰りにコンビニでお菓子買ったりするわけですよ。

ポルテとかホント美味しい。

出来ればそんなハコモノお菓子を
コソッとカバンに忍ばせて帰社したいんですが

ストイックなソルジャーであらせられるB4ライナーの
メインコンパートメントは

パーテーションで真っ二つに仕切られており
それぞれのマチは5cmほどしかなく。

「ポルテぇ?バカ野郎!戦場にそんなモン必要ねぇ!」
とばかりに

軟弱野郎のざれ言をキッパリと切り捨てる
“ポルテ入らない仕様”になっておりまして。。

ということなんで

お願いしますブリーフィング殿!
できればパーテーション着脱できるようにして欲しいっス!

MADE IN USA

WOOL BLANKET

Polo Ralph Lauren NATIVE WOOL BLANKET

Polo Ralph Lauren NATIVE WOOL BLANKET


「僕がブランケットを持つ理由。」

大学時代

友人から譲り受けた1980年式のBMWのトランクには
いつも大きめのエルエルビーンのトートバッグが一つ。

その中には
英国旅行中になぜか買ってしまったメキシカンブランケットと
パタゴニアのシンチラブランケットが入っていました。

僕はその年季の入ったBMWとブランケット達と共に出掛け

それらをかぶって夜の海を長い間眺めたり
眠くなったらくるまって眠りました。

社会人になって
車中泊や野宿することもなくなりましたが

今でもブランケットがそばにあると
何があってもなんとかなる気がして、すごく安心するのです。

このブランケットは
少し厚手ものが欲しくて30代になってから入手したもの。

分厚いウール生地に織り込まれた
ラルフローレンらしい、グラデーションのネイティブパターンは
思わず見とれてしまうほどの美しさ。

ファブリックはアメリカ製ですが
縫製は日本でやっているのでとても丁寧な仕上がりです。

「ブランケットを持って旅に出る。」

今は社会人として一人前の働きをすることに
悪戦苦闘するばかりの毎日ですが

いつかまた、そんな時間が過ごせる日のために
僕はブランケットを大切に持っているのです。

MADE IN JAPAN

プロフィール

MG8921

Author:MG8921
ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーンなどを中心に、服やモノをノロノロと紹介していきます。(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。