スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RW-8160

REDWING RW-8160

REDWING RW-8160 (10D)


「文科系ワークブーツ。」

僕がレッドウイングにのめり込んでいた90年代は

無骨じゃないとワークブーツじゃない!くらいの
体育会系ノリが横行しておりまして。

打たれ弱いガラスレザーのRW-8160は

レッドウイングのラインナップ中でも
文科系ブーツとして異端児扱いされていました。

それでも
当時のセレクトショップの店員さん達などが

濃いめ&細めのデニムに
このRW-8160を合わせてたりするのを見かける度に

スマートでキレイめなその独特の雰囲気を
「いいなぁ。。」と羨ましく思ってたんですよね実は。

そうこうしてるうちにRW-8160は
いつの間にか廃盤⇒プレミア化の一途を辿ることとなり

ますます買うに至る決定打のないまま
歳月が過ぎていきました。

しかしそんな膠着状態(?)に転機がやってきます。

近年、RW-8160の後継種となるモデルが
コレクテッド・グレインと呼ばれるレザーを配し
RW-8134というロットで登場。

その影響か、試し履き程度のRW-8160の美中古品が
イメージしてた市場価格より随分安くなっていたので

悶々とした積年の思いを払拭すべく
ひさかたぶりのレッドウイング購入に踏み切ったのでした。

このRW-8160、実際履いてみると
ジャケットなどのキレイめなスタイルにもハマってくれる
ユーザビリティの高さをあらためて実感。

案の定
購入後即ヘビーローテーション入りです。(^^)

余談ですが。。どっかのショップの店員さんに

近年のアメリカの法改正により
ガラスレザーの復刻は事実上不可能

みたいなことを言われたことがありましたが

RW-8160の復刻とも言えるRW-8134の登場に関して

その情報が間違いだったのか
それともレザーそのものがまったくの別物なのかは

よく分かりません。笑

MADE IN USA

スポンサーサイト

BLANKET BEAR

BLANKET BEAR

PENDLETON BLANKET TEDDY BEAR (Green/Turquoise)


「ヌイグルミ男子。」

ブランケット生地で作られた
ペンドルトンのベアは

僕がペンドルトンというブランドを
初めて知った渋カジ時代には

すでに結構有名な存在だった名物ベア。

ネイティブ柄のブランケットが持つ
無骨な雰囲気と

クマかどうかすら微妙な
シンプル&ブサイク可愛い面構えから

当時から男子の部屋にあっても許される
数少ないヌイグルミの一つとして

原宿プロペラを初めとした
アメカジショップで良く見かけたものです。

しかしながら
服を買う金も満足に無かった僕が

家に置いとくだけのクマに
お金を掛ける余裕があるハズもなく
当時は敢え無くスルー。。

それから10年以上が過ぎ

とあるショップで
久しぶりに見たペンドルトンのベアは

ちゃんと口があって表情も豊かな
ラブリー&スマートな顔立ちになっていました。

「なんだこの可愛い顔は?!
もっとブサイクじゃないとペンドルトンベアじゃねぇ!」

なんて、理不尽な憤りをおぼえた僕は

早速その日から旧バージョンのペンドルトンベアの
捜索にあたることになった訳ですが

結果として
いきおい余って大小2体も入手しちゃいました、と。(笑)

まあ、いい大人の男がなにやってんのとか
そういったお叱りの言葉は

甘んじて受け入れようと思います。(^^;

MADE IN USA

RETRO X VEST

PATAGONIA RETRO-X VEST

PATAGONIA RETRO X VEST (S/Natural/1997)


「名バイプレイヤー。」

シャツやセーターの上に着るもよし
ハードシェルのインナーとして着るもよしの

万能選手なこのレトロXベストは

インサイドにメッシュ素材が使われた
セカンドモデル。

ちょっと肌寒いなと感じたときに
気軽にプラスできるデイリーウエアとして

なんだかんだで
着用回数が最も多いパタゴニアウエアです。

購入は今から10数年前。

旅先で寄ったニューヨークの
パラゴンという総合スポーツグッズショップで
(オッシュマンズみたいな感じ?)

黒とどちらにするかを数時間悩んだすえ

デニムに合うのはコッチだろ!という理由で
ナチュラルの方を選んだんだっけな。(^^)

以来、街に野に
シチュエーションを問わず着倒しちゃってるせいで

フワッとしていたハズのパイルは潰れ
グリーンのパイピング部分も毛羽立ちが目立ちますが

オールシーズン着回せる名バイプレイヤーとして
今でもバリバリの現役一軍で活躍中です。(^^)

MADE IN USA

WOOL CARDIGAN

Polo Ralph Lauren CONCHO BUTTON WOOL CARDIGAN

Polo Ralph Lauren CONCHO BUTTON WOOL CARDIGAN (M)


「コンチョと思考停止と週末。」

数年前のことですが、出合った瞬間
一目惚れで即買いしてしまいました。

詳細は分かりませんが
おそらくそんなに古いものではないと思います。
(2000年以降?)

このカーディガンの最大の魅力は

なんと言っても
本物のビンテージコインで作られたコンチョボタン。

上品で控えめなネイティブパターンとマッチして
抜群の存在感を発揮しています。

音楽もファッションも
“カッコいい”の価値観が1990年代で停止している僕は

ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーン
グレゴリー、レッドウイングあたりが

いまだにワードローブのメインを張っており

このカーディガンに
レトロXベストアイリッシュセッターグレゴリーのダッフル
なんかを合わせた

化石のようなゴリゴリの90年代アメカジスタイルで

ひがな週末
高円寺や町田あたりをウロウロしていたりするわけです。(合掌)

MADE IN CHINA

CANVAS & LEATHER TOTE

Polo Ralph Lauren CANVAS & LEATHER TOTE BAG (Stars&Stripes)

Polo Ralph Lauren CANVAS & LEATHER TOTE BAG (Stars&Stripes)


「いい塩梅トート。」

トラディショナルなフェアアイルパターンを
テキスタイルにしちゃったり

デニムの風合いを
まんま陶器の柄に使ってみたり。

各地の風土や文化、ワークスタイルといった
ファッションとは異なるフィールドで生まれたスタイルを

まったく別の角度から
自身の世界観に取り込んでしまうラルフ氏にとって

星条旗やUSAのレターも

そのスタイルを象徴する
デザインアイコンの一つなんだろうな。

星条旗やUSAのレターを配したアイテムは

これまでも、ブランドの枠を超えて
ウエアやバッグ、キャップハウスウエアなど

バリエーション豊かに
様々なアイテムがリリースされていますが

厚手の生成りコットンに
上質のキャメルカラーのレザーが配されたこのシリーズは

高級感とラフさがいい具合にマッチした
ラルフローレンらしさ全開の名作シリーズだと思います。

なかでもトートバッグは

どんなスタイルにもハマる
味わい深い外観もさることながら

手持ちも肩掛けもイけるレザーハンドルのループ尺といい
大きすぎず小さすぎずのボディサイズといい

とにかくいい塩梅すぎるのだ!

おかげで、オンオフ問わず
ヘビーローテーションで持ち歩いちゃうもんだから

なにげに寿命が心配。。
すでにハンドル部分を1度修理してるし。。

うーん
出来ればもうあと2つくらい同じのが欲しいっス。(^^;

プロフィール

MG8921

Author:MG8921
ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーンなどを中心に、服やモノをノロノロと紹介していきます。(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。