スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DUNK VNTG

NIKE DUNK HI VNTG

NIKE DUNK HI VNTG (11/Maze×Navy)


「スニーカーデイズ。」

「ヌートラにはデッドのターミネーターがあるらしいぜ!」
「多田スポにAJ5のナンバリングモデルまだあったって!」
「AJ5は白×青×紫だけ本革なんだってな。」

「デタントにあったAJ1白×黒×赤、13インチなんだよね。。」
「ラブラにお前サイズのブレザースエード青があったぜー!」

「今すぐアパートメントストア行ってみ?AJ3黒が出てるよ。」
「水道橋のヒノデヤでターミネーターの赤×灰発見!」
「ロンディスの店長はダンク紺×黄履いてるらしいよ。」

「ホントだって!ローズボールでAJ1の白×紫×黄見たんだよ!」
「AJ1は全部で23パターンあるってホントかな?」
「レッチリのアンソニー、AJ1の赤×黒履いてるよな。」

「原宿某店のダンク黄×黒と赤×灰はフェイクだって噂。」
「でもそれってナイキの工場の人が勝手に作ったものだから
パーツ自体は本物らしいぜ?」

「今月号のBOONみた?AJ6のサンプル写真載ってたぞ!」
「AJ5に黒のナンバリングモデルがあるらしいじゃん。」

「藤原ヒロシはダンク紺×黄でスケートしてたらしい。」
「もったいねぇ~!」

「“ESCAPE”って、なんだあのシリーズは?」
「A.J.K.O.のK.O.ってなんの略?」
「へぇ~。これレジェンドって言うんだ?!」

「出たー!エアダンク!」

「アメリカに買い付け行きてぇ~!!」
「そしたらまずはフットロッカー行かねぇとな!」


アラウンド1990年

ダンクとエアジョーダンを頂点とした
空前のスニーカーブーム。

ネットなんてなかったあの頃
情報源と言えば雑誌とショップと噂話だけ。

今では誰もが周知のことも
ほとんどがまだ風説の粋を越えず

シリーズの系譜や全貌を把握してる人なんて
誰もいなくて。

デマも未確認情報も乱れ飛ぶ中

10代の僕たちは夢中で
ナイキのバッシューを追いかけていました。

スニーカーデイズ。

懐かしさのあまり買ってしまった
このヴィンテージ仕様のダンクを眺める度

愛おしいような、少しくすぐったいような
あの日々のことを思い出すのです。

MADE IN CHINA

スポンサーサイト

LOGO CAP

Polo Ralph Lauren COTTON LOGO CAP

Polo Ralph Lauren COTTON LOGO CAP (Navy)


「どっちがオリジン?!」

このポロのロゴキャップ
なんかどこかで見たことありませんか?

そう!
RRLの定番(?)ロゴキャップにソックリなんです。

ラルフローレンは

たまにブランドをまたいで同じようなデザインを
落とし込んだりすることがある気がしますが

このキャップとRRLのロゴキャップも
まさにそのパターンだったんじゃないかと。

へー!こんなのあんだー!面白いなーコレ!
なんて、そんなところが目にとまり

数年前、とあるアンティークマーケットにて

既にユーズドだったコイツを
値切って購入してしまったのですが。。

ネイビーの色褪せ具合や
カブりの深さの丁度良い感じが気に入っており

なんだかんだで結構かぶってる気がします。(^^)

それにしてもこのロゴキャップ
ポロとRRLどっちが先だったんだろう。。

なんて考えると気になって夜も眠れません。(嘘)

MADE IN TAIWAN

WHITE WESTERN SHIRTS

Double RL WESTERN COTTON WHITE SHIRTS

Double RL WHITE WESTERN SHIRTS (White/XS)


「純白の名品ウエスタン。」

実を言えば。

RRLのシャツって、なんかサイズが大きい気がして
それまでちゃんと探したことなくって。

結局、数年前に買った
このシャツが人生初のRRLシャツになります。

購入の際、試しにXSを着てみたところ

身幅、袖丈といい腕まわりといい
まるでオーダーをかけたかの如くのぴったり感で
えらく感動したのをよく憶えています。

そして、ディテールもかなりイケてます。

パリッとしてる純白の生地感もいい感じだし
小さめのワイドスプレッドの襟は、立ててもカッコいい。

ひび割れたスナップボタンも
程よいアクセントになってて良いんじゃないかと。

高いだけで
なんかしっくりこないシャツもあったりするなか

シャツがみんなこういう感じなら
ある程度の金額をかけてもいいのになーと
思わせてくれる、名品です。(^^)

MADE IN HONGKONG

AROMASTER

BRAUN AROMASTER

BRAUN AROMASTER


「サウンド・オブ・コーヒー。」

ブラウンらしい、シンプルなこのコーヒーメーカーは
一人暮らしを始めてスグに買った家電のひとつ。

以来、10年あまりの間、毎日のように
せっせせっせとコーヒーを立ててくれてます。

このコーヒーメーカーは
ストイックなドイツ出身のくせに中々賑やかなヤツで

いつもゴポゴポ、シュフォーッ!と
騒がしい音を立てながらコーヒーをドリップしてます。

もしかしたら

今どきのはもっと静かなんだろうから
この音が気になる人もいるかもしれないですが

我が家では
別にコーヒーを静かに入れなきゃならない理由もないし

なにより僕にとって
この音は、聞き慣れた「コーヒーの音」だし

むしろこの音がするとコーヒーが飲みたくなるという
ちょっとしたパブロフの犬状態だったりするので

全然オッケーかなと。(^^)

まあ、そもそも身の回りにあるものは
別にとびきり優秀じゃなくたって構わない。

ただ
どこかあたたかみがあって、微笑ましい愛嬌があれば
それで良し、なんじゃないですかね。(^^)

MADE IN MEXICO

DX BOAT&TOTE (L/NxG)

DX BOAT&TOTE (S/NxG)

L.L.Bean DELUXE BOAT&TOTE BAG (L/NavyxGreen)


「問題解決!?」

なんでもガシガシ突っ込めるのが
トートバックの魅力。

けどそれ故に困った問題も。。

僕はオンオフ問わず
週に3回はトートバッグを担いで出掛けるのですが

別に賢く中身を整理しているわけでもなく
調子にのってなんでもポイポイ放り込んでいるので

いざってときに
必要なものが取り出せない。

改札の前で定期券が見つからずオロオロしたり
携帯が鳴っているのに取り出せなかったり
カバンの中のライターが見つからず新しく買ったり。。

少しは反省を踏まえろよ!

と自分で突っ込みをいれるくらい
毎回毎回、同じような窮地に立たされています。(^^;

しかし!
このデラックストートのLサイズはひと味違う。

なんとフロントポケット付き!(笑)

ここに定期入れや携帯を入れておけば
いざって時に慌てないですみます。(^^)

デラックストートは
以前Sサイズ(コレコレコレ)の紹介の際触れた通り

カラーリングやディティールが
タウンユースを意識した仕様になっているのですが

このLサイズにポケットが付いたのも
きっとそんな思いが込められてるんじゃないかな。

ただ、図体のわりにポケットは小さく
定期入れ、携帯、タバコのいずれか1つしか入らないため

ポケットに入れなかった残りの2つは
相変わらず使う直前でゴソゴソ探してるんですけどね。(苦笑)

MADE IN USA

プロフィール

MG8921

Author:MG8921
ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーンなどを中心に、服やモノをノロノロと紹介していきます。(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。