スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WOOL CARDIGAN

Polo Ralph Lauren SUEDE-PATCH LUMWOOL CARDIGAN

Polo Ralph Lauren SUEDE-PATCH LUMB WOOL CARDIGAN (S)


「“攻撃的”トラッド?!」

歳とともに寒さに対する耐性が
着実に弱まってきているのを感じつつも

基本的に暑がりの僕は
寒い季節でも上着やニットの着脱が頻繁でして。

ニットなら前開きで薄手めなカーディガンの方が
なにかと都合が良いのですが

薄手ニットのカーディガンって
妙におとなしめというか線が細い感じのものが多く
自分的にどうもしっくりこない。

あまりブランドに拘らず
結構広範囲でチェックしてはいるんですが

ちょうどいい感じのものには
なかなか出会えなかったりするんです。

そんな時

ラルフローレン表参道店のスタッフが着てるのを見て
ひと目惚れしてしまったのがこのカーディガン。

表参道店ではすでに売り切れで
あちこち探しまわって最近ようやくゲットできました。

コイツはかなりいい!

イエローの挿し色が効いた
おおぶりのタータンチェックは

保守的というよりは
守備的ならぬ“攻撃的”トラッドって感じがするし

クルミボタンやエルボーパッチといった
カントリーライクな小ワザも

薄手のわりに華奢になりすぎないという意味で
ボリューム感のツボをバッチリ押さえてる。

やっぱりラルフローレンは
こういう感じの雰囲気作りがウマいなーと
ついつい感心してしまう一着です。(^^)

日中暖かく夜寒いといった季節の変わりめは

着脱の頻度もさらにアップし
まさにカーディガン日和といってもよい時期なので

そういう季節こそウインターシーズンにも増して
大活躍してくれそうです。(^^)

MADE IN CHINA

スポンサーサイト

U-TIP

L.L.Bean U-TIP

L.L.Bean U-TIP (10.5)


「モ。。モッサい!だがそれがいい?!」

なんか、そう思っちゃったんですよね。。
初めてコイツを見た時に。

80年代のものと思われる
このエルエルビーンのレザーシューズ

好きな年代のモノだし仕事用によくね?なんて
思わず即買いしてしまったのですが。。

履いてみると

これといった特徴もないアッパーや
ガムライトとかいうビブラムの軽量ソールなど

なんかこう。。
色気に欠けると言うか、愛嬌がないと言うか。。

もちろん
エルエルビーンのメンズウエアが提唱するスタイル自体
今も昔も「週末のお父さんスタイル」な訳で。

そこに色気を求めたりするのは筋違いだろうことは
重々承知してるからいいんですけど。。

それにしたって
一見無難風に見えるこの手のレザーシューズは

相当わきまえて履かないと
たちまちオッサン風になってしまうという

かなりハイレベルなスキルが要求される
難易度の高い一品であるということを

履いてみてはじめて痛感した次第です。(泣)

ちなみに、入手した段階では
どっちかっていうとヌバック風の革質だったこの靴

あまりに野暮ったかったので

不自然なまでにツヤが出ることでおなじみの
レッドウイングの「シュークリーム」で磨き上げたところ

見事にツヤツヤ君に生まれ変わりました。
これで多少は色気が出たかなと。(笑)

こうなったらいっそのこと
もっと存在感のあるソールにでも変えちゃおうかな!(^^)

LUNCHBAG

L.L.Bean LUNCHBAG

L.L.Bean LUNCHBAG (Navy/Green)


「気分は弁当男子?!」

以前にラルフローレンのカットソーを紹介した際
料理が出来ないことを公言した僕ですが。

それでも、時間のある時や気が向いたときなど
作ってみたりするんです、お弁当を。

といっても

お気に入りのスコーンを割って
中にクロテッドクリームなんかを挟むだけとか

おいしそうなパンを買ってきた際に
簡単なサンドイッチを作ったりする程度ですけど。。

まあそんなんでも、気分は弁当男子!だし
いつもの外食とは違う新鮮な感覚が味わえるので

そういうランチも結構気に入ってたりするのです。

そしてそんな時に登場するのが
このエルエルビーンのランチバッグ。

ランチバッグって、どうにもファンシーで
いまいちテンションが上がらないのが多い中

このランチバッグは
ほどよくアメカジ臭がして良い感じ。

おそらくキッズ用かとは思いますが

これなら大の男が使っても
結構サマになるんじゃないかと勝手に思ってます。(^^)

そのうち

コイツに合いそうな弁当箱でもゲットして
もうちょい本格的な弁当にも挑戦してみようかな。
(なんて、間違いなくしないけど。笑)

MADE IN CHINA

DOUBLETOP SWEAT

DOUBLETOP SWEATSHIRT

PATAGONIA DOUBLETOP SWEATSHIRT (PebbleHeather/S/2004)


「“ヒョイ着”パーカ。」

一見よくあるスウェットパーカのように見える
パタゴニアのダブルトップ・スウェットシャツは

その見た目とはうらはらに
軽くて暖かく防風性も高いハイテクフーディ。

全然ハイテク臭を感じさせないそのルックスは

アウターとして、インナーとして
幅広い街着スタイルにすんなりハマってくれます。

こういう「利便性」と「ヒョイっと着れる気軽さ」が
いいバランスで両立しているというのは案外重要なことで

思い立ったらスグ散歩に出掛けてしまう僕にとって
とてもありがたい仕様だったりします。

また、厚手のスウェットってなかなか乾かないので
洗濯も億劫になりがちですけど

コイツは速乾性が高く
そこら辺の煩わしさがないのもとても良いところかと。

ハードシェルやレトロパイルなどと違い
カタログの片隅に埋もれそうな地味な存在なだけに

発売当時もとくに話題になってない気がするし
現在リリースされてるかどうかも分かりませんが

僕のデイリーライフに欠かすことの出来ない
パタゴニアの隠れ名品の一つかなって思ってます。(^^)

MADE IN COSTA RICA

TWEED PILLOW

RALPH LAUREN TWEED PILLOW

RALPH LAUREN TWEED PILLOW


「良識あるお客さま用?!」

今回紹介するクッションは

個性的過ぎる我が家のクッション軍団の中において
唯一良識的といえる一品。

落ち着いたブラウンのツイード素材でありながら

指し色にパープルが入っていたり
ベルベット素材のトリムがついていたりと

高級感もありつつ
万民受けするコジャレたルックスな気がしてるので

僕の趣味に慣れてないようなお客さんが来た際に
すすめる用になっています。笑

まあそうはいいつつ

冬はモチロン、春秋もまあいいとしても
真夏とかはさすがに暑苦しい感じがするので

その時は強制的に

無駄にやんちゃ坊主なポロスポーツのクッションなどに
座ってもらうことになるんですけどね。(^^)

プロフィール

MG8921

Author:MG8921
ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーンなどを中心に、服やモノをノロノロと紹介していきます。(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。