スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RW-875

REDWING RW-875

REDWING RW-875 (9.5E)


「世界で一番美しいワークブーツ。」

僕が高校生のころは
渋カジムーブメント全盛の時代。

この時代のスタイルを語るうえで
ブーツは外せないアイテムで

レッドウイング、チペワのワークブーツや
トニーラマやジャスティンのウエスタンブーツが
メインストリームを賑わせていました。

金も無いのに渋谷原宿に足繁く通い
渋カジが見せてくれたアメリカに夢中になっていた僕も

いっちょまえにブーツ=レッドウイングの方程式を
脳内で確立させてましたが

30円のBIGカツと60円のチェリオを主食としていた
貧乏で弱小でチェリーボーイな高校生にとって

3万円前後という
レッドウイングの価格の壁はあまりにも高く

今は無きレッドウイング三鷹店で貰ってきたカタログを
家で穴があくほど眺めていた記憶があります。

大学を卒業し、社会人になった僕は

初給料で両親へのプレゼントを買い
2度目の給料でこのアイリッシュセッターを買いました。

「世界で一番美しいワークブーツ」
カタログにそう称されていた875。

履き始めから10年以上経った今でも

ふとした時に「やっぱりカッコいいなー」と
あらためて感じる時があります。

地味ながらちょっと嬉しくなる瞬間です。(^^)

MADE IN USA

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

MG8921

Author:MG8921
ラルフローレン、パタゴニア、エルエルビーンなどを中心に、服やモノをノロノロと紹介していきます。(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。